スタッドレスタイヤは一年中使用できる?冬にタイヤ交換が必要な理由

シェアする:

冬が近づき、雪道を走る季節になると、スタッドレスタイヤへ交換する時期が訪れます。冬の間中スタッドレスタイヤを利用していると「一年中交換しなくても良いのでは?」とふと思うことがありませんか?

そもそも冬にスタッドレスタイヤへ交換する理由には、どのようなものがあるのでしょうか。また、スタッドレスタイヤで一年中過ごすことは可能なのでしょうか。ここでは、スタッドレスタイヤの基礎知識についてご紹介します。

 

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤとはどういったタイヤなのか、特徴や機能、ノーマルタイヤとの違いなどについて見てみましょう。

 

チェーンを巻かずに走れる雪道仕様のタイヤ

スタッドレスタイヤは、冬の雪道を滑らずに走れるよう作られたタイヤのことです。スタッドレスタイヤはノーマルタイヤに比べると溝が細かく深く刻まれており、チェーンなどを巻かなくても雪道を走行できる特性を備えています。

 

スタッドレスタイヤは冬以外でも使えるのか?

「雪道で滑らない」という特性があるなら、雨や悪路でスリップしやすい台風時や梅雨の季節にもスタッドレスタイヤを利用したくなるかもしれません。しかし、実際は冬以外の時期にスタッドレスタイヤを履かせていても、メリットを感じることはありません。タイヤの溝が深く滑りにくいスタッドレスタイヤですが、面倒でもタイヤ交換を行い、冬にだけ使用することが推奨されています。

 

では、なぜ一年中スタッドレスタイヤを使用せず、冬になってからタイヤ交換した方が良いのでしょう。

 

一年中スタッドレスタイヤで過ごしてはいけない理由

スタッドレスタイヤを冬以外の季節にも使用していると、以下のようなリスクを高める危険があります。

 

冬仕様のため、高温で変形しやすい

気温の低い冬の雪道で使われることを想定して作られているスタッドレスタイヤは、冬以外の高温下で利用すると素材が柔らかくなってしまい、変形や摩耗を引き起こす恐れがあります。硬度の少ないタイヤは地面に対するグリップが適切に機能せず、空気圧が充分でないタイヤと同様に水はけが悪くなったり、逆に滑りやすくなったりしてしまうのです。

 

事故のリスクはもちろん、ガソリン代にも影響

冬以外では、温度の影響でノーマルタイヤより滑りやすい状態になるスタッドレスタイヤ。快適なドライブとなるはずが、事故のリスクが高まってしまうのであれば元も子もありません。さらに、ブレーキを踏んだ際の制動距離が長くなることで、燃費の悪化も懸念されます。熱に弱く溝の深いスタッドレスタイヤは、寒い雪道で使ってこそ、その特性が充分に活かされるのです。

 

スタッドレスタイヤに交換するのはいつ?

一年中スタッドレスタイヤを使用するリスクが分かったところで、ノーマルからスタッドレスタイヤに交換する適切な時期についても知っておきましょう。

 

雪が降り出す1カ月前頃に交換を

スタッドレスタイヤへ交換する時期の目安は地域によって大きく差があります。基本的には、本格的に雪が降り始める時期のおよそ1ヶ月前頃から交換すると良いでしょう。北海道・東北地方では9月末頃、それ以外の本州地域では12月頃の交換がおすすめです。

 

ノーマルへの交換時期にも注意

冬にスタッドレスタイヤへ交換したなら、ノーマルへ交換し直す時期にも注意しましょう。スタッドレスタイヤのメリットが発揮されるのは、気温でおよそ7度前後の雪道とされています。平均気温が7度を超えてくる時期は地域によっても違いますが、北海道・東北であれば4月、それ以外の本州なら3月初旬頃には交換するようにしましょう。

 

おわりに

冬には冬の、夏には夏の特徴があり、滑りやすさへの対策は雪道と雨の道でも違います。スタッドレスタイヤは冬の雪道仕様であることを理解して、季節に合ったタイヤで安心できるドライブを楽しんでくださいね。

オススメのスタッドレスタイヤについてはコチラ

 

スタッドレスタイヤへ交換後のノーマルタイヤはどうする?

保管する場所がない。。。いたずらされないか心配。。。
そんなお客様にピッタリのタイヤ預かりシステムをネッツトヨタ大阪では提供しています。
★サービスについて詳しくはこちらをご確認ください。★