運転中にフロントガラスが曇る!対処法と予防アイテム

シェアする:
水滴で曇ったガラス

度々ドライバーを悩ませる「フロントガラスの曇り」。
フロントガラスが曇ったままだと視界が遮られて、安全運転ができません。そこで今回は、まずはフロントガラスが曇る理由をご説明したうえで、その対処・予防法についてご紹介します。

フロントガラスが曇る原因

湿度計

①人の呼吸

車のフロントガラスが曇るのは、人の呼吸に含まれる水分(水蒸気)が原因です。寒い冬にハァ~っと息を吐くと、呼吸が白く曇る現象を想像してみてください。
適温の社内で1人の呼吸程度ならそれほど曇りませんが、大人数が乗車すると自然と湿度も高くなるため、フロントガラスが曇りやすくなります。湿度が高い日ならば、なおさら曇りやすくなります。

②外気温との寒暖差

理科の授業で習ったことのある方も多いと思うのですが、空気は水蒸気を含むことのできる最大の水蒸気量「飽和水蒸気量」が気温ごとに決まっています。高温であればあるほど空気は水蒸気を含むことができ、低温になると空気中に気化している水蒸気は「水=結露(曇り)」に変化します。
外気温が冷たい冬場、車内の温かい空気内に含まれた水蒸気はフロントガラスで急速に冷やされて、水分(曇り)として出現することが多々あります。

フロントガラスが曇ったときの対処法

車内エアコン

タオルで拭く

曇りがひどいと事故につながる恐れもあるので、応急処置として乾いたタオルでサッと拭きとりましょう。
ただし、拭き取りは根本的な原因が取り除かれたわけではないので、すぐに曇りが再発生する可能性があります。

窓を開ける

窓を開けて換気をすると車内と車外の温度差が小さくなるため、曇りの原因が軽減されます。ただし、車の中が寒くなってしまうというデメリットも……。

デフロスターをONにする

雨が降っていたり、寒い季節だったりすると、窓を開けたくないこともあります。そんなときは、デフロスターを使いましょう。デフロスターをONにすると、フロントウィンドウの下のほうについているダクトから温風が出てきて、フロントガラスの結露を取り除きます。同時にエアコンを使えば、さらに効率よく曇りを取り除けます。

フロントガラスの曇りを予防するには?

フロントガラスを拭く人
曇りを予防する一番の方法は、フロントガラスをきれいにしておくこと。
フロントガラスの曇りは、ガラスに水分が付着することで起こります。逆にいえば、ガラスに水分が付着しなければ、曇りは発生しません。ガラスが汚れているとその汚れに水分が付き、曇りを発生させる原因になります。フロントガラスをきれいにして、水分が付着しにくい環境を整えましょう。

曇り止めのカー用品を使うのもおすすめです。曇り止めを塗っておくと水滴がつきにくくなり、ガラスの曇りを防ぐことができます。曇り止めにはコーティングタイプやスプレータイプなどいくつか種類があり、それぞれで使い方や効果も異なります。曇り止めのカー用品を使う際には、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。