車のエンジンオイル交換はどこでする?交換場所や時期について

シェアする:

車のオイル交換をするときに、どこで交換するのが良いのか迷ってしまうことはないでしょうか。また、エンジンオイルの交換時期が気になっている方も多いかもしれません。

ここでは、エンジンオイルの役割とオイル交換ができる場所、交換時期の目安などについてご紹介します。

エンジンオイルの役割について

車のエンジンオイルには、主に以下のような役割があります。

 

エンジンの摩耗を防ぎ、密閉させて長持ちさせる

エンジンオイルは、エンジン内部を循環しているオイルです。

エンジンは動作している間、内部の金属部品が稼働します。部品の稼働中、エンジンオイルがあることで金属間の摩擦が軽減され、なめらかに動くようになります。

また、シリンダーやピストンリングといった部品の隙間をオイルで満たすことにより、ガスが抜けるのを防ぐ役割もあります。

 

エンジン内部をきれいに保ち、熱を吸収する役割も

エンジンオイルには、エンジン内の金属摩耗を防ぐ以外にも、オーバーヒートを防ぐ、ガソリンを爆発させる際に生じるスラッジ、ススやサビつきを取り除き、エンジン内をきれいに保つといった役割もあります。

エンジンオイルが不足していると、これらの役割が適切に果たされず、エンジンの状態が悪くなり、故障の原因となってしまいます。

 

交換する場所・選び方について

エンジンをベストな状態に保ち長持ちさせるためには、どのような場所でオイル交換を行えば良いのでしょうか。

 

カー用品店やガソリンスタンド

車のオイル交換ができる場所としては、手軽さで言うと車のパーツなどを販売している大型用品店やガソリンスタンドが挙げられます。全国に展開しているため見つけやすく、ついでに給油やパーツの買い物もできます。

気軽にオイル交換が依頼できるというメリットはありますが、整備面で不安が残ったり、工賃が割高であったりというデメリットも存在します。

 

販売店(ディーラー)のオイル会員がおすすめ

車を購入した販売店やディーラーにオイル会員制度があるなら、会員登録しておくのがおすすめです。ガソリンスタンドなどに比べると工賃が割安なところが多く、エンジンオイルのボトルキープができたり、フィルター交換や他メーカーのオイル交換OKといったサービスを実施していたりするところもあります。

[PR]ネッツトヨタ大阪ではトヨタ純正省燃費エンジンオイルのボトルキープサービスを取り扱っています。

トヨタ純正省燃費エンジンオイル・ボトルキープメニュー

価格
20L 12,000円(工賃・消費税込)
10L(ハーフ) 6,400円(工賃・消費税込)

例えば
【ヴィッツ1,000ccの場合】
20Lボトルキープなら一回約3Lで約6回交換できます。(1回あたり約2,000円)
【ヴォクシー2,000ccの場合】
20Lボトルキープなら一回約4Lで約5回交換できます。(1回あたり約2,400円)

もちろんトヨタ車以外の国産車も大歓迎!ぜひご利用ください。
※車両の年式・オイルフィルターの交換の有無により使用量が異なります。オイルボトルキープについて詳しくはお近くのネッツタウンまでお問い合わせください。

トヨタ純正省燃費エンジンオイルのご紹介

ネッツトヨタ大阪のサービスはこちらから
トヨタ純正省燃費エンジンオイルについて詳しくはこちらから

 

オイル交換は、車に乗っているなら定期的に必要となる作業です。手軽さや価格、作業の信頼性など、自分に合った交換場所を見つけると良いでしょう。

 

エンジンオイルの交換時期について

定期的に行った方が良いといわれる車のオイル交換ですが、エンジンオイルの交換時期はどれくらいが目安なのでしょうか。

 

オイルの交換時期は車種と走行距離を目安に

エンジンオイルの交換時期は、車種と走行距離を目安にしてください。一般的な乗用車であれば1万5,000km前後、最低でも1年おきには交換しておきたいところです。ターボ車や軽自動車、ディーゼル車などはもう少し早く、5,000~1万km前後、半年~1年おきの交換が推奨されています。

交換時期の目安

車種 標準交換時期 シビアコンディション*時の場合
ガソリン車(ターボ車除く) 15,000km、または1年 7,500km、または6ヶ月
ガソリンターボ車 5,000km、または6ヶ月 2,500km、または3ヶ月
ディーゼル車 5,000km~20,000km、または半年~1年ごと 2,500km~10,000km、または3ヶ月~1年ごと

★車種によって異なりますので、詳しくは取扱書を参照いただくか、お近くのネッツタウンまでお問い合わせください。
あくまでも目安です。早め早めの交換をおすすめいたします。
使用状況により劣化状態は変わります。また、エンジンオイルはクルマを使わなくても自然に劣化します。
*シビアコンディションの条件:悪路走行が多い、走行距離が多い、山道など上り下りの頻繁な走行等

 

悪路走行やエンジンの状態によっては早めの交換を

交換時期の目安があるとはいえ、「1年おきに交換すれば大丈夫」「1万km超えていないからまだ交換しなくても大丈夫だろう」と思うのは危険です。アウトドアなどで悪路走行の機会があったり、短距離走行やロングランが多かったりする場合は、エンジンに負担が掛かりやすくなります。車の用途とエンジンの状態によっては、目安となる交換時期よりも早めにオイル交換を行いましょう。

 

おわりに

オイル交換が面倒だからとサボっていると、エンジンを傷めて修理代や買い替えなど、かえって高くついてしまうこともあります。気に入った愛車を長く乗るために、交換場所と交換時期、エンジンの調子は日ごろからチェックしておきましょう。