【関西】寒い冬ならではの絶景を楽しもう!冬におすすめしたい絶景スポット7選

シェアする:

気温が下がり寒くなる冬の季節は、外に出るのも億劫という方も多いのではないでしょうか。しかし、気温が下がることで見られる絶景も存在します。そこで今回は、冬におすすめしたい関西絶景スポット7選をご紹介します。

冬の季節だからこそ楽しめる絶景をぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

大阪府の絶景スポット

大阪城天守閣(おおさかじょうてんしゅかく)

 

View this post on Instagram

 

. 2018.01.06 in大阪城 大阪城のイルミネーション。 なかなかやるやん😂❤️ 安定の夜店で食べて いちご🍓も売ってたから ほしー!ゆーたら 買ってええよ←そして私払う😂 謎の買ってええよ笑w . #osaka#大阪城#イルミ #大阪イルミナージュ2018 #love#happy#YOLO #fun#funny#chu #Instagram#Instagood #Instaphoto#photo #Instalike#like#memory #fashion#style#me#AKI #rodeocrowns#RCWB #nike#cute#follow#f4f

akiki_dayo🍓さん(@akiki.6)がシェアした投稿 –

大阪城は天正11年(1583年)、石山本願寺の跡に豊臣秀吉が天下統一の拠点として築城を始めました。大坂夏の陣で豊臣氏の滅亡とともに落城し、徳川政権下で再建されるも落雷で天守閣を焼失。以来、大坂城は天守閣がしばらくない状態でしたが、昭和6年(1931年)に市民らの寄付により天守閣が建造され、現在の天守閣は3代目となります。

館内は歴史博物館になっており、貴重な資料やジオラマなどさまざまな角度から大阪城を楽しめます。場内は巨石を組み込んだ壮大な石垣や大手門、いくつもの櫓(やぐら)などがあり、見どころも満載です。

毎年11月末から翌年2月末まで「大阪イルミナージュ」と呼ばれる和洋折衷のイルミネーションイベントが開催されます。イルミネーションに使用されるLED・電球の数は約300万球。屋台なども出店し、大阪における冬のビッグイベントとなっています。

【お出かけ情報】
所在地:大阪市中央区大阪城1-1
料金:大人600円、中学生以下は無料(中学生は証明が必要です)
時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
桜シーズン、ゴールデンウィーク、夏休みは開館時間を延長します。
定休日:12月28日~1月1日
アクセス(車):
東大阪方面からの場合、阪神高速13号東大阪線「森ノ宮出口」
神戸方面からの場合、阪神高速13号東大阪線「法円坂出口」
駐車場有無:あり
駐車場台数:271台(大阪城公園駅前駐車場171台、森ノ宮駐車場100台)
公式サイト:https://www.osakacastle.net/

 

弘川寺(ひろかわでら)

西行法師終焉(しゅうえん)の地として知られる弘川寺は、およそ250年前、歌人今西行似雲が西行の墓を発見し、周辺にお供えに植えた桜および西行800年忌に植えられた桜があります。寺の周辺は桜の名所として有名で「大阪みどりの百選」に選ばれています。11月頃になると寺の木々が紅葉となり、春とはまた違った美しさを演出します。冬には雪景色を見ることも可能です。

View this post on Instagram

やっと紅葉🍁 ・ 時間があったので 両親と 紅葉が綺麗な弘川寺へ まだちょっと早いけど 渡り廊下から見る紅葉が🍁 額縁みたいになって あ・・ちょっと京都みたい😆 ・ 両親も喜んでくれました😊 ・ #弘川寺#紅葉#自然が好き #秋の風景#河南町 #hirokawadera #leaf#nature#autumn #osakajapan ・ 弘川寺は桜も綺麗です🌸 春にまた 両親と😊

Kuumaroさん(@skitmm723)がシェアした投稿 –


本坊庭園には、樹齢約350年の天然記念物「かいどう」(バラ科の一種:府指定の天然記念物)もあります。境内には西行記念館があり、西行法師の直筆の掛け軸や、西行法師にまつわる資料が展示されています。
 
【お出かけ情報】
所在地:大阪府南河内群河南町弘川43
料金:大人500円、子供200円(本坊庭園拝観、西行記念館入館)
時間:10時~17時(本坊庭園、西行記念館)
定休日:なし(西行記念館開館期間は春季4/1~5/10、秋季10/20~11/30)
アクセス(車):南阪奈道路「羽曳野IC」から国道170・309号線経由(約30分)
駐車場有無:あり
駐車場台数:100台
公式サイト:
https://osaka-info.jp/page/hirokawadera
http://www.town.kanan.osaka.jp/kananchotte/kankogaido/terajinja/1394613320825.html

京都府の絶景スポット

鹿苑寺(ろくおんじ)

 

View this post on Instagram

 

雪化粧の金閣寺。圧巻の一言。こんな日に撮れて今年の俺ついてるぞ😊 それにしても開門前から人の行列💦早めに行って良かった!

e___picさん(@insta__e__pic)がシェアした投稿 –

足利3代将軍「足利義満」が建てた別荘。義満死後に禅寺へと改められました。舎利殿「金閣」が有名なため一般的に金閣寺と呼ばれていますが、正式名は義満の法号にちなみ「鹿苑寺」といいます。昭和30年(1955年)復元の楼閣は、初層が寝殿造り、二層は武家造り、三層は禅宗仏堂造りとなっています。周囲には池泉回遊式庭園が広がり、鏡湖池に映る光景は美しく、金閣を中心として庭園や建築は極楽浄土をこの世に現したものだそうです。

冬になると雪が積もり、白とゴールドの色合いは趣があり、冬ならではの美しい雪景色を見せてくれます。

【お出かけ情報】
所在地:京都市北区金閣寺町1
料金:大人(高校生以上)400円、小・中学生300円
時間:9時~17時
定休日:なし
アクセス(車):名神高速道路「京都南IC」から国道1号経由(約40分)
駐車場有無:あり
駐車場台数:250台
公式サイト:http://www.shokoku-ji.jp/k_about.html

 

音羽山 清水寺(きよみずでら)

京都の代表的な観光スポットとして有名な清水寺は、宝亀9年(778年)延鎮上人が音羽の滝の上に庵を結び、千手観音を祭ったのが始まりだといわれています。その後、延暦17年(798年)に坂上田村麻呂長岡京の旧紫宸殿(ししんでん)を移築して堂宇を建造しました。断崖に立つ舞台造りの本堂(国宝)は徳川家光が寛永10年(1633年)に再建したもので、139本の柱が支える清水の舞台からは京都市街を一望できます。

雪が降ると、あたり一面白銀の世界になり仁王門などの朱色と屋根にうっすら積もった雪が織りなす紅白のコントラストは美しく趣があります。京都の冬は凍えるほどの寒さですが、寒い冬ならではの絶景は足を運ぶ価値があるでしょう。

View this post on Instagram

雪の「清水寺」① #京都#名所#雪の京都 #清水寺#雪の清水寺 #雪#雪景色#そうだ京都行こう #雪_m68

@moon_kateさん(@moon681226)がシェアした投稿 –

【お出かけ情報】
所在地:京都市東山区清水1-294
料金:大人400円、小中学生200円
時間:6時~18時(季節によって変更あり)
定休日:なし
アクセス(車):名神高速道路「京都東IC」から国道1号経由7km(約20分)
駐車場有無:なし(周辺地域に駐車場あり)
公式サイト:https://www.kiyomizudera.or.jp/
 

渡月橋(とげつきょう)

大堰川に架かる全長155mの渡月橋。亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」として渡月橋と命名したという風情ある橋です。嵐山の景観に溶け込み、春の桜、秋の紅葉、冬の雪景色といった四季を感じられる嵐山の名所となっています。

特に、一面真っ白の嵐山と雪化粧を施した渡月橋は圧巻です。早朝に訪れると足跡やタイヤ跡などがついていない状態の景色を楽しめることができます。

View this post on Instagram

雪の渡月橋〜先週撮影。 #京都 #京都嵐山 #渡月橋 #嵐山渡月橋 #嵐山散策 #雪の渡月橋 #嵐山豪雪 #まるで水墨画

Tonyさん(@jazz1961_tony)がシェアした投稿 –


嵐山の竹林の雪景色とともに冬の京都観光スポットの代表格です。

【お出かけ情報】
所在地:京都市右京区嵐山
料金:無料(通行自由)
時間:なし
定休日:なし
アクセス(車):名神高速道路「京都南IC」から府道123号経由12km(約30分)
駐車場有無:あり
駐車場台数:200台
公式サイト:http://www.kyoto-kankou.or.jp/info_search/?id=289&r=1539668023.2952
 

滋賀県の絶景スポット

八幡堀(はちまんぼり)

 

View this post on Instagram

 

冬の八幡掘夕景 ・ 雪予報だったある日、玉ボケ狙いで八幡堀へ行ってみました。 どんより曇り空に、ちらちら雪が降る中 何処から撮ろうかと歩いていた時… 後ろの方からすーっと光が差し 全く狙っていなかった夕日が顔を出しました🌤 おまけに雪まで舞って、奇跡的な景色に出会えました😲✨ ・ こういう目で見た感動を表現するのは本当に難しい💦 外付けのストロボなら、もっと綺麗に雪を写せたのかな😋 ・ location:滋賀県近江八幡市 ・ #八幡堀 #近江八幡 #夕景 #夕日 #夕焼け #雪 #sunset #snow #しがトコ #japan_daytime_view #japan_bestsunset #super_photosunsets #lovers_skyandsunset #icu_sunset #longexposure_japan #シガソラsunset #instagramjapan #tokyocameraclub #photo_travelers #visitjapanjp #unknownjapan #shiga #vj_view_2018 #キタムラ写真投稿 #カメラ女子 #nikon

夕海さん(@studio_sunset_sea)がシェアした投稿 –


八幡山を囲むように築かれた堀のことを「八幡堀」といいます。八幡堀は琵琶湖水運にも利用されていました。両岸には今でも白壁土蔵や旧家が立ち並び、当時の面影を色濃く残しています。八丁堀は。時代劇から朝ドラまで幅広い作品に登場する近江八幡市のメイン観光スポットです。船に乗って堀から近江八幡の町並みを見ることができる八幡堀めぐりも行っています。

雪の多い地域ではないからこそ雪が降り積もった後の雪景色は貴重で、雪の積もった八幡堀も風情があり人気です。また、雪のお堀端はデートコースとしても最適。

最近では、結婚式の前撮りスポットとしても活用されています。ぜひ、大切な方との思い出にいかがでしょうか。

【お出かけ情報】
所在地:滋賀県近江八幡市宮内町周辺
料金:無料
時間:なし
定休日:なし
アクセス(車):名神高速道路「竜王IC」から国道8号経由15km(約30分)
駐車場有無:あり
駐車場台数:170台
公式サイト:http://www.omi8.com/annai/hachimanbori_info.htm

浮御堂(うきみどう)

近江八景の1つ「堅田の落雁(らくがん)」として知られる景勝地。琵琶湖につき出すように建てられた堂宇が、湖に浮いているかのように見えることから「浮御堂」と名付けられました。正式には海門山満月寺と呼ばれ、京都の大徳寺に属する臨済宗の禅寺。長徳年間(995年~999年)頃、源信僧都が阿弥陀仏を刻んで、琵琶湖の交通の安全を願ったのが始まりといわれています。

室町時代に選定されたという近江八景。その1つである堅田の落雁は、松尾芭蕉など多くの俳人に愛されてきました。境内には俳人たちの句碑が5つあり、そのうち2つは芭蕉の句碑となっています。春夏秋冬、朝昼晩、どこを切り取っても絵になる琵琶湖の景色はまさに絶景です。冬は真っ白な雪化粧を施した浮御堂を見ることができます。冬ならではの色と光は趣があり、晴れの日は空の青さがとても幻想的です。

View this post on Instagram

びわ湖花火大会! 去年は間近で圧倒されたけど、今年は遠くから美しさを楽しめました。 めちゃくちゃ足場が悪かったけど、そのおかげか撮ってる全員の一体感がありました。 一緒に行ってくれた2人、現地でお話させて頂いたみなさんありがとうございました。 special thanks @maaasa0621 @masa1328 #びわ湖花火大会2018 #びわ湖花火大会 #滋賀 #shiga #浮御堂 #満月寺浮御堂 #堅田 #花火大会 #花火 #fireworks #sony #α7ii #a7ii #α7 #a7 #sel70200g #gレンズ#raw現像 #lightroom #写真うまくなりたい #creative #tokyocameraclub #japan #ig_japan #instagramjapan #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #photooftheday #instagood #instaphoto

Kenta Yotsuhashiさん(@kyotsuhashi)がシェアした投稿 –

【お出かけ情報】
所在地:滋賀県大津市本堅田1-16-18
料金:300円
時間:8時~17時
定休日:なし
アクセス(車):琵琶湖西縦貫道路「仰木雄琴IC」から約10分
駐車場有無:あり
駐車場台数:25台
公式サイト:
http://www.otsu10shaji.jp/ukimido/
https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/91

冬ならではの景色をドライブで楽しもう!

冬は寒いだけでなくさまざまな絶景を生み出してくれる季節。自宅でぬくぬく暖をとるのも良いですが、季節限定の絶景を見に行くのはいかがでしょうか?寒さが気になる方は、公共交通機関ではなく車内温度が調節しやすい車でドライブがおすすめです。

すでに訪れたことのある観光スポットでも季節が変われば雰囲気も変わります。特に冬は、真っ白な雪化粧を施した幻想的な景色やきらびやかな明かりを灯した景色で出迎えてくれること間違いなし。季節によって変化する絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか。