【大阪市】今なお根強い人気を誇る!長い歴史を持つ動物園「天王寺動物園」

シェアする:

動物園は普段関わることができない動物と触れ合える夢の場所。

長期休みのお出かけ場所がまだ決まっていないという方は、家族で楽しめる「天王寺動物園」はいかがでしょうか。

そこで今回は、大阪で長い歴史を持つ「天王寺動物園」の魅力をご紹介します。

天王寺動物園の歴史

天王寺動物園は、大正4年(1915年)1月1日に開園した100年を超える長い歴史を持つ都市型動物園です。およそ11ヘクタールの園内に、約200種1,000点の動物を飼育しています。生息地の景観を可能な限り再現し、そこに暮らす動物の様子を紹介する「生態的展示」を、アフリカサバンナゾーンなどで行っています。アフリカサバンナに生息するキリンやシマウマなどの草食動物や、ライオン・ブチハイエナなどの肉食動物が同じエリアにいるように観察でき、臨場感あふれる展示となっています。

憩いの場としてのレクリエーション、環境教育の場を目的とする施設でもあり、都心の気軽なオアシスとしてにぎわっています。
 

天王寺動物園の魅力

ここからは天王寺動物園の魅力をご紹介します。

天王寺動物園では動物の生息地によってエリアを分けて展示されています。

 

アフリカサバンナゾーン

 

View this post on Instagram

 

今日は月曜日ですが、春休みということで臨時開園してますよ! とってもいい天気です。 幸弥くんもみなさまのお越しを首を長~くしてお待ちしてますよぉ #天王寺動物園 #臨時開園 #アミメキリン #幸弥 #キリン #桜 #いい天気 #動物園 #tennojizoo #giraffe #kouya #cherryblossom #zoo #minnanotennojizoo

天王寺動物園 Osaka Tennoji Zooさん(@osaka_tennoji_zoo)がシェアした投稿 –

アフリカのサバンナに生息する多くの動物たちがありのままの姿で生活しているエリアです。エリア全体は、東アフリカの国立公園をモデルにしています。

まるでジャングルや本物のサバンナを歩いているかのようなコースになっており、陸上動物の中で最も身長が高い「キリン」、サバンナの掃除屋と呼ばれる「ハイエナ」、群れを作って生活する百獣の王「ライオン」などの自然に近い姿を見ることができます。

カバのプールでは、プールの一部をガラス張りにしているため、水中にいるカバを間近で見ることができます。目の前にカバが来ることもあるので子供は大興奮間違いありません。

 

アジアの熱帯雨林ゾーン

エリア内にある夜行性動物舎は日本で唯一「キウイ」が観察できる施設です。キウイはニュージーランドを象徴する鳥として親しまれ、キウイフルーツによく似た姿をした翼のない鳥です。ここでしか見られない貴重な機会を逃さないようにしましょう。

View this post on Instagram

「キーウィフルーツ」 中国原産の果物を品種改良したニュージーランド。シンボルてある国鳥のキーウィにちなんで1959年にキーウィフルーツと命名されたそう。決して色や形が似ていたからではないんだそう。 #キーウィ #キウイ #キーウィバード #夜行性 #動物好き #かわいい #美しい #ビューティー #写真好きな人と繋がりたい #広がり同盟 #ナイトズー #動物園 #天王寺動物園 #ニュージーランド #キウイフルーツ #kiwi #kiwibird #cuteanimal #animalsofinstagram #natgeo #a7sii #wildlife #zoo #zoophotography #sonyalpha #tokyocameraclub #nocturnal #nationalgeographic #newzealand

Satoshi Nakazawaさん(@nakageo)がシェアした投稿 –

夜行性動物舎の隣には、コアラ館があります。コアラの物憂げな表情でゆっくりと動く姿は空間を癒やしてくれること間違いなし。オーストラリアを象徴する動物コアラに癒やされてみてはいかがでしょうか。

View this post on Instagram

草原のアーク父ちゃん #天王寺動物園 #コアラ #アーク #アーク父ちゃん #動物園 #tennojizoo #koala #ark #zoo #animal #minnanotennojizoo

天王寺動物園 Osaka Tennoji Zooさん(@osaka_tennoji_zoo)がシェアした投稿 –

 

鳥の楽園ゾーン

鳥の楽園は森林や池、小川といった自然の環境を再現し、多種多様な鳥たちが飛び交い生活するエリアです。

ここでの注目は「シュバシコウ」といわれるコウノトリの一種。名前は朱色のくちばしにちなんでつけられています。日本のコウノトリは別種であり、赤ん坊を運んでくるコウノトリのモデルになった鳥ともいわれています。

View this post on Instagram

#シュバシコウ #天王寺動物園🐘 #コウノトリ目コウノトリ科 #赤いくちばしのコウノトリ

nakamuraさん(@mayumi0076)がシェアした投稿 –

同じエリアにはクマ舎もあり、大人気のホッキョクグマや目の周りが特徴的なメガネグマなど数種類のクマと出会うことができます。

View this post on Instagram

イッちゃんも元気にお正月を迎えてますよ~ #天王寺動物園 #ホッキョクグマ #イッちゃん #動物園 #tennojizoo #polar_bear #icchan #zoo #animal #minnanotennojizoo

天王寺動物園 Osaka Tennoji Zooさん(@osaka_tennoji_zoo)がシェアした投稿 –

 

爬虫類生態館「アイファー」

このエリアでは、爬虫類をはじめとする両生類や魚類、昆虫、鳥類など、世界各地のさまざまな気候を再現して展示されています。イグアナやヨウスコウワニ、リクガメ、ゾウガメ、ビルマニシキヘビなど、少し珍しい生き物も間近でじっくりと観察することができます。

View this post on Instagram

#展示室 にて開催中の #企画展 #poopoopoo魅惑のうんち で展示している#ボールパイソン #天王寺動物園 #tennojizoo #osakatennojizoo #大阪eco動物海洋専門学校

天王寺動物園 Osaka Tennoji Zooさん(@osaka_tennoji_zoo)がシェアした投稿 –

 

ごはんタイム・おやつタイム

毎日10時から16時過ぎまで、さまざまな動物たちのおやつ・ごはんタイムを見ることができます。動物たちのエサを食べる姿を間近で見ることができる魅力的なイベント。おやつ・ごはんタイムの実施時間は5~10分ほどのため、あらかじめ見たい動物の時間をチェックしておくと良いでしょう。

ホッキョクグマやカバ、サイ、レッサーパンダ、ペリカン、コアラなどのおやつ・ごはんタイム不定期開催となります。普段は寝ている姿を見ることの多いコアラですが、運が良ければ貴重な食事シーンを見られるかもしれませんね。

 

動物を見ながら食事ができるレストラン

 

View this post on Instagram

 

どれにしようかな〜 #マサヒロ #奇跡のニワトリ #ニワトリ #ズーレストラン #天王寺動物園 #tennojizoo #osakatennojizoo

天王寺動物園 Osaka Tennoji Zooさん(@osaka_tennoji_zoo)がシェアした投稿 –

天王寺動物園最大の食事処である「ZOOレストラン」。店内は森をイメージしたおしゃれな内装になっているレストランです。ZOOレストランでは、ごはんがしろくまの形になっている「しろくまカレー」などSNS映え間違いなしのメニューが揃っています。少し疲れたときの休憩場所として最適です。

View this post on Instagram

かわいいの食べたʕ•ᴥ•ʔ 8.30 明日から学会〜〜 #天王寺動物園 #シロクマ #ホッキョクグマ #カレー #シロクマカレー #シロクマオムライス #動物園ランチ #動物園巡り #白熊 #殺熊事件 #ランチ #大阪 #zoo #lunch #zoolunch #lunch #polarbear #Osaka #carry #🐻

Haruka Gotohさん(@510haruka)がシェアした投稿 –


お土産ショップも併設されているため、帰宅前に立ち寄るのも良いでしょう。お土産ショップでは、さまざまな動物のぬいぐるみやお菓子などが販売されています。

 

限定メニューが味わえるケータリングカー

新世界ゲートを入ってすぐの広場やコアラ館前にはケータリングカーが出店されています。このケータリングカーではハンバーガーやソフトクリームなどさまざまな軽食を販売しています。イベント限定や季節限定メニューも販売されているため、園内散策の合間にチェックしましょう。

ケータリングカーごとに販売している軽食が違うため、家族や友人とシェアしても良いですね。

 

ナイトZOOを体験しよう!

 

View this post on Instagram

 

明日から春のナイトZOO!3月21日(水・祝)24日(土)25日(日)31日(土)実施です!皆様のお越しをお待ちしております☆ #ナイトzoo #春 #夜の動物園 #アフリカサバンナゾーン #earthhour2018 #tennojizoo #osakatennojizoo #天王寺動物園

天王寺動物園 Osaka Tennoji Zooさん(@osaka_tennoji_zoo)がシェアした投稿 –

天王寺動物園では、夏と秋にナイトZOOを開催しています。ナイトZOOでは、普段は見ることのできない月明かりに照らされる動物たちを観察することが可能です。

また、トラやキリンを360度カメラや、ラジコンカメラなどの特殊なカメラで撮影した映像を使用したスペシャルガイドも実施しています。その他に、大人気のテンジクネズミと触れ合うことのできる「なでなでタイム」や普段入ることのできないゾウ舎の見学も実施しています。

土日限定で、コアラやホッキョクグマを特殊なカメラで撮影した映像を使用したスペシャルガイドも行っており、曜日によって内容も変わるため、何度でも楽しめる仕様になっています。

ナイトZOOでは、動物が驚くのを防ぐためにフラッシュ撮影は禁止です。また混雑した場合は入場規制がかかることもあるため、早めの入園を心掛けましょう。

 

休日は天王寺動物園で一日楽しもう!

大阪を代表する動物園「天王寺動物園」では、さまざまな動物たちと出会うことができます。天王寺動物園でしか見ることのできない貴重な鳥「キウイ」や季節や曜日限定のイベントなど楽しめるコンテンツが盛りだくさん。少し疲れたらケータリングやレストランで休憩するのも良いでしょう。

長期休みや休日に、家族で出かけてみてはいかがでしょうか。